2016年9月6日火曜日

ライセンス契約

最近、YBCのコマーシャルが目につきはじめました。
どこ??って山形の放送局でも会計業界で有名なコンサル会社でもありません。ヤマザキビスケットカンパニーのことです。

山崎製パンとナビスコのライセンス契約が8月末で終了し、ナビスコブランドで親しまれたクラッカーやビスケットの売れ筋が、そのままでは売れなくなったようです。「リッツ」がカタチを変えて味はそのまま?の「ルヴァン」になり、それで女優さんのCMが目立っているのですね。

また、今後「オレオ」はライセンスを持つ別のメーカーが売るようで、チップスターはそのままYBCで売れるとのこと。このあたりの権利は複雑です。日本企業びいきとしてはリッツファンがそのまま新製品に流れてくれることを願っています。

さて、海外ブランドのライセンス終了と言えば、昨年本家との契約が切れた山陽と「バーバリー」が衝撃的でした。多くの売上をバーバリーシリーズで賄っていた同社の株価は半分以下になり決算の業績も厳しいようです。こちらも新たなブランドを育てて復活してほしいと思います。

当然と言えば当然なのですが、外資は初めに現地企業と手を組みブランドを根付かせますが、そのうち自前で販売するようになります。本家のクオリティを保つためとか販売戦略の違いとか様々な理由があるでしょうけど、残された提携企業としては後が大変です。

昔を思い返せば、かつてスナック菓子のフリトレーも不二家フリトレーという社名でしたし(現在カルビー傘下)、アディダスだってデサントが売ってました。 LVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンの例を見るとおり、ファッションも食品も世界ブランドは集約されている傾向があり、その他の海外ブランドも変遷を探ると面白いのではないでしょうか。

経営する側としては自前のブランドを地道に育てていくのがベストだとは思いますが・・・

税理士・公認会計士の転職相談、採用支援ならREX

2016年8月2日火曜日

再就職保証付きパスポート

先日、20年以上キャリアのある親しい会計士お二人と飲みました。 お二人とも大手監査法人の同期で、現在それぞれ独立されていますが、一人はIPO専門のコンサルタントとして、もう一人は社員数十人のコンサル会社代表として活躍されています。二人は監査法人を卒業した後にも様々な経験をして現在の地位を築いていました。

最近若手会計士で独立志向の方が少ないことをお話したところ、やはり20年前とは世の中の環境が変わっているとのこと。大手監査法人の業務も分業化が進み、監査、アドバイザリー、IPOなど部署を跨いだ横断的な業務ができる環境になく短期でキャリアを積むのは難しい。また、会計業務で独立しても税務中心では報酬単価が低くなかなか食えないなど、 監査→コンサル→独立という、かつてのキャリアストーリーが描きにくくなっているとのことでした。

ただ、印象に残ったのは、会計士資格と監査法人経験は「再就職可能なパスポートを持っていることだと考えて、若い人にはチャレンジして欲しい」とおっしゃっていたことです。

たしかに監査法人からベンチャー企業に若くして転身し、たとえ夢破れたとしても必ず会計士を必要とするウェルカムな就業先があるということです。一般のビジネスパーソンが転職を重ねると評価が下がってしまうのとは逆ですね。

会計士資格者は転職回数が増えても、それぞれ相応の武器を身につければ評価が上がりますが、資格がなければ渡り歩いているだけと認識されかねない。これは事実です。

ただそのパスポートも有効期限が無いこともありませんので、チャレンジは早いほうがよろしいでしょう。

あと、もうひとつの再就職保証付きのパスポートは、「働く意欲」。
資格は必要ありませんね。

税理士・公認会計士の転職相談、採用支援ならREX

2016年7月26日火曜日

ブーム

新ゲーム「ポケモンGO」の発表から株価が2倍以上になった任天堂ですが、国内リリースから数日経ち、今度はストップ安。三日天下とはこのことでしょうか。爆上げ祭りは終わった模様です。ブームはいつまで続くやら。

土日でポケモン30匹ゲットしてレベル5になりましたが、その先はもういいかなと。ポケモンジムに歩いていくより本物のジムに行って鍛えたいし・・・結構ハマってるじゃないかって??(汗)自宅では同じポケモンばかり出て来るのでもう飽きました。もちろんゲーム好きやポケモンファンは引き続き楽しむことでしょう。

ビジネスとしては流行り廃りのある分野に乗っかるのは劇薬みたいなものです。成長性の見込まれる分野で儲けさせてもらおうと、皆こぞって参入し躍起になって競争しますが、そのうち疲弊してあとから資金力のある会社が出てきて一網打尽、なんてことは枚挙にいとまがありません。

ブームに乗って成長が早いほど、墜落も早いのではと思います。ポケモンキャラクターは長く愛されるロングセラーですし大事に扱って欲しいと願っていますが、ポケモンGOの今後はまだ気になります。

ベストセラーよりロングセラーに。
このココロを大切にしてビジネスに取り組もうと思います。

税理士・公認会計士の転職相談、採用支援ならREX

2016年7月21日木曜日

ポケモン

任天堂の株価が直近1~2週間で2倍以上になっています。
新興ベンチャーなど小型株でもない時価総額1兆円を超す大企業としては異例の上がり方ではないでしょうか。
新しいオンラインゲーム「ポケモンGO」が海外で配信され、爆発的な人気の兆しがあり、今後の期待が株価に表れているようです。位置情報を利用し外に出て楽しむゲームと聞いていますが、日本で流行ったら歩きスマホで事故が増えるのではないかと若干心配ではあります。一方外に出て健康的に人と交流をする機会を作るコミュニケーションツールになるかもしれません。

ゲームの世界では専用機からオンラインそしてスマホに潮流が変わりました。スマホゲームの時代に乗り遅れた任天堂が減速していくのを寂しい思いで見ていたファンも多かったでしょう。日ごろスマホゲームをしない私でも、かつてのスーパーファミコンのマリオやGAME BOYのポケモン、そしてWii Fit など人気のゲームは買ったことがあり、そのブランドには愛着がありました。復活するのは素直に嬉しいですね。
優良なコンテンツと優秀な人材がいれば、日はまた昇るということなのでしょう。

世の中、新しいものが次々に出てくるような気がしますが、実は昔流行ったコンテンツと新たなIT とかメディアの組み合わせなど、価値と価値の掛け合わせが大事なのだと感じます。
日本ではシニア世代を外に連れ出し健康にするには、ウルトラマンGOとか仮面ライダーGOとか作ってほしいですね。

税理士・公認会計士の転職相談、採用支援ならREX

2016年7月5日火曜日

他人と上手につき合う方法

世界各地でテロの危険度が増しています。バングラデッシュで命を落とされた日本人7人の方のご冥福を心からお祈りいたします。
国際協力機構(JICA)のお仕事は、ハードな環境のなか途上国の未来を描く、遣り甲斐に溢れたお仕事だと思います。日本を代表して業務に就かれていた有能な人財を失い本当に残念でなりません。

古今東西テロの実行犯には学歴の高い人が多いと記憶しています。自分たちの正当性を主張する手段が人殺しとはお粗末なことです。いったい何の勉強をしてきたのでしょう。

テロの原因は複合的なのかもしれませんが、格差への憎悪は激しくなる一方のようで今後が心配です。情報伝達の加速化によって、どこの地域にいても格差が明確化しやすい時代です。アジアでも、かつてのヨーロッパのように人種やイデオロギーの違いによって悲惨な争いが起きる過ちを犯してはならないと思います。

「競争社会から共創社会へ」と言葉ではよく言われますが、その実現には一人ひとりの精神性を上げていくことしかないでしょう。

シンプルに、常に相手の立場に立って考えることを意識していきたいですね。他人と上手く付き合えることがHAPPYを手に入れるコツなのですから。

税理士・公認会計士の転職相談、採用支援ならREX

2016年6月23日木曜日

決断のとき

6月も後半になり、新卒採用も終盤または決着した企業も多いと思います。大手が収束したこれからが本番というところもあるでしょう。当社の場合も進捗としては後半戦ではありますが、今だ奮闘中です。

最終面接に来る学生さんとお話していると、その学生さんの、当社への志望度がすぐわかります。最近の学生さんは、最終面接で話をしても、悪びれず「迷っています」「決めきれません」と言います。採用側としては、何度も面接したこの段階で志望度が高くなければNGなのですが、できるだけ、意思決定しやすいような材料を与えてあげたいと、多くの質問に応えます。それでも意志決定への決定打は少ないです。こちらの実力不足もあるでしょうが「まだ決めたくない」と思っているフシが見て取れます。
売り手市場の傾向かもしれませんが、自分の尺度で選ぼうとして、情報が多くなればなるほど軸がぶれて選べなくなります。大事なのは、相手からどう評価してもらっているのか、相手が自分のどの部分を必要としているかなど、相手目線の判断だと思うのですが、それがありません。いま持っている情報知識や面接官との相性ばかり気にして、期限を決めるとか、縁とかタイミングとか、割り切りの部分が弱いようです。全て100%納得することなんてないし、状況は時間の経過とともに変化していくことを理解してほしいのですが・・・ 組織人に求められるのは、周りが変化することで、自分も変化できることなのです。

就職先を決めてしまうことで、何かを失うと感じているようにも見えます。選ぶことが目的になっているのかもしれません。そうであれば、選ぶ楽しみを失った買い物客みたいです。 本当は早く決めて、次なる目標設定をして走り出したほうが、たくさんの楽しさや喜びに触れられると思います。決断はゴールではなくスタートなのです。

とはいえ、真っ新な状態から鍛えて行けば、自社を代表する立派なビジネスパーソンになれるのですから、新卒は魅力です。
我々企業としても、こちらの実力不足を改善しながら、状況の変化に素早く対応し、最善を尽くすのみですね。

税理士・公認会計士の転職相談、採用支援ならREX

2016年6月13日月曜日

ローカルルールからの脱却 

“不適切だが違法ではない”
誉められた内容ではないので、流行語にはなってほしくないフレーズです。 「クレヨンしんちゃん」の単行本購入は児童の言葉遣いを調査するためであり、「ピザの焼き方本」の購入は、ピザを焼きながら政治課題について意見を聞いたことがあるという弁明・・・ 政治資金が余っていたのかもしれませんが、我々が選挙で選んだ都政トップの政治資金利用方法を聞き、いささか失笑気味です。

おそらくですが、個人事業主のままの感覚で今だ経費勘定をしているのでしょう。もちろん自分で稼いでいる個人事業主が家族で回転ずしに行ったら、領収証をもらい経費に落とすことはあり得るでしょう。個人事業から法人成りするのも、所得税率よりも法人税率が低いから。社長の給料を低くして法人の経費を使うのは中小零細企業の現実です。

ここまではゴルフで言えばローカルルール。「6インチ・リプレースOK」です。でも公の立場になれば「ノータッチ」。即ちあるがままでプレーしなければいけません。なにしろ他人から支援を受けた政治資金ですからね。

上場を目指すベンチャー企業だって、VCから多額のファイナンスを受けたあと、会社の経費で高級車や高級絵画を買ったりしたら、違法ではないけれど不適切ですよね。

政治のためにつかってもらいたいお金、事業のために使ってもらいたいお金、それから被災者のためにつかってもらいたいお金が別のものに使われたら支援者からしたら最悪です。

ローカルからオフィシャルへの脱却は、上場を目指すオーナー経営者にとっても乗り越えなければならない最初のハードルでもあります。 倫理観の問題でもあり、違法か否か以上にお金の使い方によってトップの品性や信頼性が見えてくるのでは・・・と思うわけです。

税理士・公認会計士の転職相談、採用支援ならREX